これからの事。

これからの事を考えるとちょっとお先真っ暗になりそうな花です。

費用の捻出等々考える事は山積みです。



取り合えずがんセンターの方をどうにかせねば・・・。

今後二号の状態によっては遠くの病院にての治療とか考えると・・・。
一号の幼稚園が・・・とか入院になったら家族の事どうするとか・・・。

母親は付き添うだろうし・・・とか考えれば考えるほどどうしたらいいの?が増えてきます。

でも二号が居なくなるのは絶対嫌だし。

とかもう本当に考えれば考えるほど堂々巡りで結論は出ず出口のない迷路のようです。

そんな折、オカンからの一筆が私の手元に届きました。

「花に(これは私の実名ですので置き換え)
辛い事が多いと思うけど
何もしてあげられないけど
一人で全部背負い込まないで
父さんも母さんも手を伸ばせば届く所にいるから

一号にも二号にもよろしく。
頑張れとは言わないよ

             母」


これは本当に涙が出て泣けました。
久しぶりに親から子への。
爺婆の立場ではない言葉。

何と嬉しかった事でしょう。

どんな言葉よりも私の琴線に触れたように思います。

ま、嬉しくて泣いたなんて本人達には絶対言いませんけど( ´_ゝ`)
口が裂けても言いませんw


私が泣き虫なのを知っているので普段の会話とかでは言ってこない言葉。
面と向かって言えない言葉を文章にする。


受け取った方は嬉しいものですね!


今見てる二号に変な所は微塵もなく、言われなければ二号の目の中に腫瘍があるなんてわかりません・・・。
だから余計に辛いときもあるのだけどね。

昨日出血してるなんて聞いたからか余計に気になります。
過剰に甘えてくる二号をつい・・・抱っこしたりとかで・・・。

でもその影で我慢してる一号の存在。

やはり病院に一緒に連れ行くと騒いだりして怒られたりしてるんです。

怒らないようにと思っていてもつい怒ってしまう自分がいたりして。

昨日帰宅してから一息ついたとき、思い返して泣いてしまいました。

泣きながら一号に


「ごめんね、一生懸命頑張っているのに怒ったりして」

と言うと。

「いいのよ、もう許してあげるから。私、良い子に出来なくてごめんね。今度はもっとお手伝いするからね」

と言われ・・・。

本当に可哀相になってそしてそんな我慢をさせている私自身が情けなかったです。
この性格は生まれ持ったものでしょうけど、良い子に育ってくれたものです。

きっとかなり我慢していることでしょう。
言いたい事も甘えたい事も少なからず我慢してる。

一号なりに二号の目の事を理解しているらしく。

「二号ちゃんの目は?」

と聞いてきたり。

どう答えていいか分からないので取り合えず

「バイキンマンがいるんだよ~」

としか答えてません。

でもそれでも十分に理解していて喧嘩もするけど基本的に二号には優しくしてくれています。
面倒も見てくれるし。

昨日だって、熱と咳とかで辛かったはずなのに雨の中新宿まで一緒に行ってくれて、荷物とかも率先して持ってくれたりとか・・・。

大丈夫?聞くと。

「うん、ちょっと辛いけど頑張れるよ、ダイジョブよ」

病院の中で泣きそうになりました。

朝から夕方まで本当に頑張ってくれました。

ありがとう、一号ちゃん。
本当に感謝しているよ。
きっと君が居なかったら、母は色んなことに負けていたかもしれない。
君の明るさが救ってくれているんだよ。
これからも明るく元気で居てください。

ブログランキングranQ
[PR]
by hanamama_akn | 2007-12-14 09:00 | 色素異常&網膜芽細胞腫。

愛知県某所に住み着いてる娘二人の母のイロイロや、娘の闘病も綴ります(´・ω・`)b


by hanamama_akn
プロフィールを見る
画像一覧